博多ラーメン「なんでんかんでん」復活!

旅行

博多ラーメン「なんでんかんでん」復活!

復活『なんでんかんでん』に連日の行列。川原ひろし社長「失敗して良かった」

本場・博多の豚骨ラーメンで1980年代から1990年代にかけて大ヒットし、現在のラーメンブームの先駆けとなった『なんでんかんでん』。2012年11月に閉店してからおよそ6年ぶりとなる2018年9月3日、東京・高円寺でついに復活を果たした。

店の前には連日行列ができ、衰えない人気の高さを証明。タレントとしても活躍する株式会社なんでんかんでんフーズの川原ひろし社長も、陣頭に立って接客にあたっている。再ブームに浮かれることなく、前回以上の成功を目指しているようだ。

出典 http://www.inshokuten.com

『なんでんかんでん』復活に取材50~60本「予想以上の売上」

あたりが少し暗くなってきた午後5時30分、『なんでんかんでん高円寺店』の中で川原社長の「さあ、行こうか!」という声に、従業員から「はいよー」「行きましょう!」と威勢のいい声が上がり、入口の扉が開かれる。店の前に並んでいた客が店内へ。カウンターとテーブル席が次々と埋まっていく。川原社長は外で待つ客に話しかけ、空いている席へと誘導する。ラーメン店に最も必要な活気がある。

「予想通りというより、予想以上の売上、反響です。開店前に東京スポーツが記事にしてくれたのですが、それをきっかけにYahoo!などのニュースサイトのトップに3回出ました。テレビが7本、ラジオが1本、ネットニュース系が18本だったでしょうか。それにスポーツ新聞、雑誌などを含めると50~60本ぐらいの取材がありました。本当にびっくりです」と川原ひろし社長は言う。こうしたメディアへの露出が好調の原因と言えるかもしれないが、オープンからおよそ2週間たっても客足が途切れないのは、確かな味と店の雰囲気が評価されている面もあると思われる。

濃厚な豚骨スープ、名物のプリント入りのノリにチャーシュー、ネギなどの合間から浮かぶ脂に、食欲をそそられる。これに自分で潰したニンニクを入れると香りが一層増す。実際に食べてみると少し固めにした麺の歯ごたえがよく、これにスープが絡まり、絶妙の味わい。1980年代後半から10坪の店で日商100万円をたたき出した味は21世紀の今も健在である。

「32年前から店をやっていて、復活ということで懐かしい人がたくさん来てくれます。昔しょっちゅう来てくれていた人とか、子連れで来てくれていた人が今度は孫を連れて来てくれたりもしています。ありがたいことです」。

出典 http://tabitabiinfo.whdtravel.com

お店の前を通る環七には、当時は大らかだった路上駐車があふれ、交通整理が要るほどの大繁盛店となった。九州人やとんこつマニアにはタマラナイ匂いでも、なじみのない東京人には公害以外の何モノでもない。

経営者である川原ひろし社長は、元々歌手を目指し上京し、司会業やお笑いもこなすエンターティナーであったこともあり、2001年出演の『マネーの虎』をはじめ、テレビ番組でタレントさながらに活躍したことも記憶に新しい。とんこつラーメンがブームになったにも関わらず、東京に本格とんこつが広まらないのは、この匂い問題がネックのひとつとなっている。

しかしその副産物として、強烈なとんこつ臭が店内はおろかお店の周辺にまで撒き散らされることとなる。そもそも、なんでんが名店になったのは、東京にとんこつラーメンという食べ物を持ち込んだ功績による。

異臭騒ぎのレベルだ。そんな中、匂い問題をものともせず、なんでんのピーク時と同等、いやそれ以上に濃厚なとんこつラーメンをつくり続けているお店が存在する。

とんこつラーメンブームを巻き起こし、環七ラーメン戦争を巻き起こした伝説の名店「なんでんかんでん」(以下、なんでん)を覚えているだろうか!?1987年にオープンし、数年でたちまち大行列店に。しかし、その後、路上駐車が厳しくなったり、不況も相まって、2012年に閉店した。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ